クレジットカード現金化専門info

クレジットカード現金化専門infoへご訪問感謝します!このページはクレジットカード現金化ビギナーのための土台となる情報が盛りだくさん♪クレジットカード現金化全面に関しとことん説明してると思います。 - 現金化は違法ではないのか?

現金化は違法ではないのか?

クレジットカード現金化は、法律違反すれすれのグレーゾーンの行為とされています。
簡単にいえば、クレジットカード現金化の方法は、ショッピング枠を利用して、あたかも正常な商取引があったかのように偽装し、業者への支払いをクレジット会社にしてもらった後、手数料を引いた約80パーセント程度の現金をキャッシュバックするといったシステムです。

これには資金業法の本来の目的からは、大きく逸脱した行為とされており、逮捕などをされることはありませんが、非常に悪質な行為と言われているのです。

違法にならないのは?

違法にならないのは、前述にもある通り、あたかも正当な商取引が行われたかのように偽装をしている点です。
一般的な貸金業の場合だと、クレジット会社と消費者との間で、貸付と返済といった相互関係のみで成立するのが通常です。

クレジットカード現金化の場合には、クレジット会社から建て替え払いとして業者にお金が渡る。
その謝礼として、消費者には、購入金額よりは低いものの、本来では、貸しつけてもらえない現金が手に入る。

消費者は結果として、借金は増えるものの、分割して返済することが出来るため、急場を凌ぐことは可能というシステムが成り立ちます。
そしてこれらは、貸金業法の違法行為には当たらないのです。

どうして現金化するのか

そもそもキャッシング出来ないということは、総量規制といって、例えば年収の3分の1の額しか借り入れが出来ないといったルールなどによって、まとまった現金をキャッシング出来ない点にあります。

このため、どうしてもキャッシュが欲しい低所得者などが現金化に手を出しているのです。

Copyright(C)2016 www.umsource.net All Rights Reserved.